FC2ブログ
C'est un site internet du garçon qui vise le Formule 1 ingénieur.
>> はじめに
>> ヴルカヌスに応募しよう
>> 特別便

> フランスインターン年間計画

> 最終レポート(英語・フラ語)
 ・ Front page - 5 page

 ・ 6 page - 10 page

 ・ 11 page - 15 page

 ・ 16 page - 20 page

 ・ 21 page - 25 page

 ・ 26 page - 30 page

 ・ 31 page - 35 page

 ・ 36 page - 37 page

> 月刊レポート(英語・フラ語)
 ・ 結構つらいな5月号 [ ENFR ]

 ・ 成長したかな6月号 [ ENFR ]

 ・ 新たな出発7月号 [ ENFR ]

 ・ フランス企業8月号 [ ENFR ]

 ・ 世界企業で9月号 [ ENFR ]

 ・ 仕事に夢中10月号 [ ENFR ]

 ・ ちょっと幸せ11月号 [ ENFR ]

 ・ 将来不安な12月号 [ ENFR ]

 ・ 将来明るい1月号 [ ENFR ]

 ・ 新たなスタート2月号 [ EN ]

>> 最近のエントリ
>> 月別アーカイブ
>> リンク
>> プロフィール

kent

ブログ管理人: 福原 健人(履歴書

岡山出身の大学院生
岡山&日本と車をこよなく愛する.
<好きな言葉>
世に生を得るは,事を成すにあり!
by 坂本竜馬
<好きな瞬間>
命を燃焼させている時っ!

>> メールフォーム

応援メールお待ちしています.
批判メールは即ゴミ箱行きです♪

名前:
メール:
件名:
本文:

>> スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

>> ヴルカヌスプログラムに応募しよう!(プログラム内容)

「ヴルカヌス・イン・ヨーロッパ」2009年度派遣学生の募集が始まりました。皆さん早速書類作って応募しましょう!合言葉は「人生一回きり、俺らまだまだ若い!!」

今回はこれからヴルカヌスプログラムに応募するために向けて、選考手順や概要を経験者の視点から簡単に説明したいと思います。参考になれば。。。

まず第一回目はプログラム内容について、以下日欧センターからの転記。
---------------------------------------------------------------------------
1. ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムとは?
「ヴルカヌス(Vulcanus)」はラテン語で鍛冶屋の神様を意味しています。
「鉄は熱いうちに打て」の格言通り、将来の日欧関係を担う日本の理工系大学生・大学院生を対象にした奨学金付きのプログラムです。ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムは1996年に開始し、これまでに214名の学生を欧州へ派遣しています。

2. 次回派遣期間
   2009年4月1日~2010年3月31日 1年間

3. 研修内容
   〇欧州セミナー(欧州の政治経済に関する講義など)2-3日間・・・・2009年4月
   〇欧州での語学研修(企業研修実施国の言語)15週間・・・・・・・・2009年4月~7月
   〇在欧州企業でのインターンシップ 8ヶ月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2009年8月~2010年3月

4. 派遣先
   EU加盟国

5. 奨学金(返済義務なし)
   〇欧州セミナー受講料、語学研修中の授業料およびホームステイ代は当センター負担
   〇航空運賃などの費用として日本出発前に80万円を支給
   〇企業研修中は下記の通りユーロ建ての奨学金を支給
        英国・・・7,700ユーロ(962.5ユーロ×8ヶ月)
        従来のEU加盟国(英国を除く14ヶ国)・・・6,600ユーロ(825ユーロ×8ヶ月)
        新規加盟国(12ヶ国)・・・5,500ユーロ(687.5ユーロ×8ヶ月)
   尚、私的旅行や保険などの費用は自己負担となります。
---------------------------------------------------------------------------

簡単に注意点のみ記述すると

2(派遣期間)について
派遣期間中の帰国は原則許されない。M1終了後このプログラムに参加予定の学生は就職活動等、よく考えて応募するべし。

4(派遣国)について
派遣国、企業についてはマッチングで決定するので、自分の第一志望の企業で研修できるわけではない。この件については後日選考プロセスの項で説明する。

5(奨学金)について
学生諸君一番の(自分にとってはそうでした)?不安事項はおかねについて。実際上記のように奨学金が出るのですが、旅行一切なし、最低限の出費で押さえた場合奨学金額内での生活は可能です(幸いにも09年度のプログラムから奨学金金額が増加されましたし)。

ただ物価の高い地域(イギリス、フランス)では相当お金に神経めぐらせて生活しないと後になって「お金がなくて日本に帰国できない!」ということになるかも。。。参考として、年に2,3回の海外旅行&週末の娯楽費をあわせて+50万円は個人で用意したいところ。実際自分はこのプログラムのためにそれぐらいのお金をこつこつためていきましたが、結果今年度末までに全額使い切ってしまいそうな勢いです。ただ強調しておきたいのは「無駄な支出さえしなければ奨学金内で生活可能」だということです。

*追記
一つお金の項目について追記しておかなければならないのは「奨学金の支給タイミング」。以下今年度実績。
第一回目(日本円80万円):4月の第一週
第二回目(ユーロ4か月分):7月末
第三回目(ユーロ4か月分):忘れた(後日記述)

このように出国前や出国費用(航空チケット代15~万円など)や企業研修直前に自己支出(生活準備費)しなければならないタイミングが発生します(もちろん後に奨学金が振り込まれますが)。特に語学研修国と企業研修国が違うパターンの人(例:フランスで語学研修⇒ベルギーで企業研修)は銀行口座開設タイミングで8月中旬に第二回振込みとなり、アパートの敷金など、相当な額を用意する破目になるので要注意。そういう意味でも日本円で最低20万円くらいは用意しておきたいところ。

2008年9月24日:記載内容一部修正
| ↑TOP |
 | HOME | 

Mondial de l'automobile IMG_2330s.jpg Voyage@St-Malo IMG_2173s.jpg Vacances@Belgique IMG_2002s.jpg Etude@Angleterre IMG_1771s.jpg Etude@Le Mans IMG_1494s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。