FC2ブログ
C'est un site internet du garçon qui vise le Formule 1 ingénieur.
>> はじめに
>> ヴルカヌスに応募しよう
>> 特別便

> フランスインターン年間計画

> 最終レポート(英語・フラ語)
 ・ Front page - 5 page

 ・ 6 page - 10 page

 ・ 11 page - 15 page

 ・ 16 page - 20 page

 ・ 21 page - 25 page

 ・ 26 page - 30 page

 ・ 31 page - 35 page

 ・ 36 page - 37 page

> 月刊レポート(英語・フラ語)
 ・ 結構つらいな5月号 [ ENFR ]

 ・ 成長したかな6月号 [ ENFR ]

 ・ 新たな出発7月号 [ ENFR ]

 ・ フランス企業8月号 [ ENFR ]

 ・ 世界企業で9月号 [ ENFR ]

 ・ 仕事に夢中10月号 [ ENFR ]

 ・ ちょっと幸せ11月号 [ ENFR ]

 ・ 将来不安な12月号 [ ENFR ]

 ・ 将来明るい1月号 [ ENFR ]

 ・ 新たなスタート2月号 [ EN ]

>> 最近のエントリ
>> 月別アーカイブ
>> リンク
>> プロフィール

kent

ブログ管理人: 福原 健人(履歴書

岡山出身の大学院生
岡山&日本と車をこよなく愛する.
<好きな言葉>
世に生を得るは,事を成すにあり!
by 坂本竜馬
<好きな瞬間>
命を燃焼させている時っ!

>> メールフォーム

応援メールお待ちしています.
批判メールは即ゴミ箱行きです♪

名前:
メール:
件名:
本文:

>> スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

>> ミュンヘン工科大学見学レポート

今回のF-SAEチーム訪問の旅、元金沢大学でF-SAEをやっていおり、今年度VinEに参加している塚野君と回りました。このようにF-SAEというキーワードと共に多くの人と出会えることはすばらしいことです。塚野君ともF-SAEやってたときの思い出話、苦労話等いろいろしゃべりましたな。

Munchen.jpg


ミュンヘン工科大学見学レポート

1. 訪問日程と概要
2009年11月6日
10:00~11:30
福原(岡山大学)、塚野(東北大学、元金沢大)

 ミュンヘン工科大学のF-SAE活動を見学。当日は09年チーム・チームリーダーのPassとテクニカルディレクターのGerorgeが活動のオフィス、ワークショップを紹介してくれた。

*ちなみにシュツッツガルト大学のレポートには書かなかったが、今回の訪問時、もちろん自分がドイツ語を話せるわけないので、チームの皆様は英語で説明をしてくれた。勘違いしてもらいたくないのは「ドイツ人は皆英語を話す訳ではない」ということ。若い大学生でも話さない人は全く話さないし、いくら英語と近い言語を話すドイツ人としても、英語を話せるようになるためにはある程度の経験・トレーニングが必要なのだ。しかしながらいわゆるエンジニアという上級職に就く学生はある程度英語を話す傾向はある。特にF-SAEチームでリーダー級のポジションに就く学生は英語を流暢に話すし、話を聞くと過去に海外留学の経験があるとか。その辺が彼らからプロフェッショナルを感じる点でもある。

ミュンヘン工科大学の学生フォーミュラ活動は2004年に設立、以後参戦数年後よりカーボンモノコックならびに高いカーボンコンポジット技術を用いた軽量車両でドイツ大会、イギリス大会に毎年参戦。各大会で上位入賞するなど、ドイツF-SAEにおける有数の有力校である。

PB060068.jpg       PB060101.jpg

 ミュンヘン中央駅から電車で約30分、ミュンヘン工科大学のカレッジはミュンヘン郊外に位置する。機械工学部の建物は4階までの吹き抜け構造。建物内にはオシャレなカフェテリアもあり、モダンでオシャレな建物というのが第一印象。ミュンヘン工科大学のFSGチームTUfastのオフィスはその建物の一角にあった。

2. チームの印象
 ドイツの有力校という事で、贅沢な施設・環境を期待していたが、活動はいたって平凡。研究室、学部・学科プロジェクトに属する事無く活動するサークル的な活動(ただし学校から施設の支援は受けているが、それほど贅沢な印象は無い)。

 車両については買う物は買うという潔さを感じた。モータースポーツ産業が盛んなヨーロッパにおいて、そのような部品が手に入れやすい環境も助長していると思われる。このチームの特徴はカーボンコンポジット技術の高さにあると感じた。フォーミュラ活動開始当初から積極的にカーボンモノコックシャシを採用し、車両の随所カーボンパーツを使用している。

 車両製作におけるチームの認識として感じた事は、「出来るだけパーツを内製で作りたい」ということ。特にカーボンモノコックについては、以前は外注(一部加工等)していたが、作成期間の短縮という観点からモノコック製造方法を変更し、インハウスで製造するようにしたという話は興味深かった。

PB060072.jpg       PB060076.jpg

今回の訪問でチームを紹介してくれた「チームリーダーで大人しめのPass」と「ハイテンションなテクニカルディレクターのGerorge」。話を聞いていて「こいつら、この活動好きなんだな」ということをヒシヒシと感じた。「どうやってカーボン部品を製造する技術を身につけたのか?」と聞くと、「そりゃいろんなところに電話かけまくったさ!50回かけて1回相手してもらえたらラッキだよ!自慢じゃないけど俺らのカーボン技術はミュンヘン工科大の技術より上行ってるぜ!」と。

ミュンヘン工科大の活動はシュツッツガルト大の活動よりは、どちらかといえば日本大学のサークル的雰囲気(岡大F-SAEチームの雰囲気?)にいていた。でも一人ひとりが「懸命に問題に立ち向かおうとしている(セルフスターター)」点、「多くの情報を得るため、躊躇なく外に飛び出す」点はまだまだ日本人学生は頑張らないといけない点だと思った。

シュツッツガルト大学のPeterとも話したが、最後に「機会があれば是非日本のF-SAEに来てくれ!」とお願いしてきました。「その時は俺がばっちり日本側でチームをホストするから」と。実際にシュツッツガルトやミュンヘン工科大学のようなヨーロッパ上位校が日本大会に来ることはいい刺激になうと思うし(数年前のUTA)、お互いが交流することにより、相互に学ぶことがあると思う。こういう繋がりが将来おもしろいことになればなと期待しつつ、本気で「ドイツチームを日本に引っ張ってくるぞ」と想像を広げ大学を去っていくのであった。
| ↑TOP |
 | HOME | 

Mondial de l'automobile IMG_2330s.jpg Voyage@St-Malo IMG_2173s.jpg Vacances@Belgique IMG_2002s.jpg Etude@Angleterre IMG_1771s.jpg Etude@Le Mans IMG_1494s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。