FC2ブログ
C'est un site internet du garçon qui vise le Formule 1 ingénieur.
>> はじめに
>> ヴルカヌスに応募しよう
>> 特別便

> フランスインターン年間計画

> 最終レポート(英語・フラ語)
 ・ Front page - 5 page

 ・ 6 page - 10 page

 ・ 11 page - 15 page

 ・ 16 page - 20 page

 ・ 21 page - 25 page

 ・ 26 page - 30 page

 ・ 31 page - 35 page

 ・ 36 page - 37 page

> 月刊レポート(英語・フラ語)
 ・ 結構つらいな5月号 [ ENFR ]

 ・ 成長したかな6月号 [ ENFR ]

 ・ 新たな出発7月号 [ ENFR ]

 ・ フランス企業8月号 [ ENFR ]

 ・ 世界企業で9月号 [ ENFR ]

 ・ 仕事に夢中10月号 [ ENFR ]

 ・ ちょっと幸せ11月号 [ ENFR ]

 ・ 将来不安な12月号 [ ENFR ]

 ・ 将来明るい1月号 [ ENFR ]

 ・ 新たなスタート2月号 [ EN ]

>> 最近のエントリ
>> 月別アーカイブ
>> リンク
>> プロフィール

kent

ブログ管理人: 福原 健人(履歴書

岡山出身の大学院生
岡山&日本と車をこよなく愛する.
<好きな言葉>
世に生を得るは,事を成すにあり!
by 坂本竜馬
<好きな瞬間>
命を燃焼させている時っ!

>> メールフォーム

応援メールお待ちしています.
批判メールは即ゴミ箱行きです♪

名前:
メール:
件名:
本文:

>> スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

>> Monthly repoet in August

1. Summary
It will be delivered in several days; my first salary from ZF. Thought I opened my bank account immediately when I started my internship at the middle of the July, because I neglected to inform that to the account manager of ZF, the figure “0 EURO” has been displayed on my internet bank account of German bank since last month. In contrast, it is good news to know that my wallet is still stuffed with some bills which I changed one and a half months ago even I paid for my apartment, resident registration and so on. It explains how cheep the living cost is in German.

やっと後数日で支給される!ZFからの始めての給料である。7月の中旬インターンシップが始まった時、早急に銀行口座を開いたにも関わらず、口座番号を会社の人に伝えていなかったため自分のインターネット口座には“0ユーロ”の文字が表示され続けていた。一方、アパートの賃貸料、住民登録等さまざまな物にお金を使ったにも関わらず、一ヵ月半前日本で両替してきたユーロ札がまだ財布の中に残っているのはうれしいニュースである。ドイツでの生活費がいかに安いかを物語っている。

The end of the August reminds me that I finished three tenth of my internship (and I have only another three and a half months). In terms of the training subject, I’m satisfied with my work, my achievement; I had responded accurately to what my supervisor has expected me to do in this early stage. But also I’m feeling the shift for the coming stage in these days. Here are some my first impressions in Germany.

“八月の終わり”、この言葉を耳にすると自分のインターンシップの十分の三が終わったことを認識する。そして残りはわずか三ヶ月と半月。インターンシップの内容について言えば、自分は自分の働きよう、残してきた結果には満足している;自分はこの早い段階で自分のスーパバイザの期待に正確に・着実に答えてきた。しかしながら最近、迫り来る次へのステージへ向け、新たな進歩の必要性を感じている。

2. Training subject at ZF
Currently I’m working on a series of fatigue life assessment on a mechanical structure to extend the knowledge, experience and database of the company and my day-by-day task is mechanical calculation using FEM to add the experimental results into our master database. Our working style, I mean my usual manner to carry out a task with my supervisor Martina, starts with her introduction for the following calculation.

最近自分が担当している仕事は、ある機械要素について会社での知識、経験、データベースを拡張することを目標とした一連の疲労寿命評価である。そしてその中で自分の“日々の作業”はというと、会社のデータベースに実験データを加えるための有限要素法を用いた機械構造解析である。自分たちの作業スタイル;つまりは自分と自分のスーパバイザ、マルティナとの間での仕事の進め方はまず彼女からの次なる解析へのイントロダクションから始まる。

In this past five weeks, I have finished three series of calculations (including one-week learning period for “Perl”, developed a “calculation launcher programme”). Each time, our working procedure starts with 1) an explanation of the following calculation from Martina. 2) Then I build up FEM model and operate some pre-calculations to determine calculation conditions. 3) Subsequently I make a midterm reporting for Martina with pre-calculation results. 4) Main calculation and data sorting are done reflecting the result of discussion. 5) Final reporting and make a conclusion... Of course as I ask her for help sometimes, I’m having discussion with her at least two times per week and my PPT slide has been added up, over 150 pages for the moment.

この五週間のうちで自分は3種類の構造計算を担当してきた(内一週間はPerlの勉強、そして自動解析プログラム開発にあてた)。毎回自分たちの作業工程は、1)マルティナからの作業イントロダクションから始まり、2)FE-modelの作成、最終的な計算仕様を決定するための仮計算。3)仮計算結果を踏まえての中間報告。4)本解析ならびにデータ整理、資料作成。5)最終報告となる。もちろん何かわからない事があればそのつど彼女に相談したりすることもあるので週に2回以上は彼女とディスカッションを持っているし、報告資料(PPTスライド)は150枚をゆうに超えた。

3. German working style!??
As always it is quite interesting to examine the working style of people from various angles taking advantage of my internship experiences in Japan (Toyota), France (Renault) as well as German (ZF). Though I’ve been installed in different kind of department/company in the countries, something differences of the culture, custom, national trait, come into my view.

自分の日本(トヨタ)、フランス(ルノー)、そしてドイツ(ZF)でのインターン経験を通じ“人々の働き方(仕事との付き合い方)”を様々な角度から検証してみることは非常に興味深いことである。それぞれの国で、さまざまな種類の企業、部署に配属されてきたが、その地域、国々での文化・習慣・民族性等の違いが見えてくるものだ。

At first, it’s nice to classify the countries as “Japan” and “European countries” to understand the differences of the life style easily. Actually I don’t know where the differences come from; from history? society? religion? climate? or geographical reason?, but let the discussion put aside this time, in reality, people put own priority on his/her quality time here in Europe. The easiest distinction on this term would be “working time”. Those who start working early start working at 6 a.m. go home at 3 p.m. to pass time with their family. Note that “The more you work, the more you earn” doesn’t work in the countries is another big reason why people bring own way to home early. Any way I don’t wonder that we Japanese are described as worker drone.

はじめに、異なる生活スタイルを簡単に理解するため、それらの国々を“日本”と“ヨーロッパ諸国”とに分類することにしよう。実際にそれらの生活スタイルの違いがどこから来ているのかは詳しくは知らない(歴史的違い?社会?宗教?気候?地形的要因?)。でも今回はその議論は横に置いておき、実際に人々は自己の優先事項をクオリティータイム;家族と交流したり、趣味に勤しんだりする時間に置く。これを理解する手っ取り早い方法は勤労時間を見ることだ。自分のオフィスでは早い人は朝6時に仕事をはじめ、午後3時は家に帰り家族との交流に時間を当てる。また、“働けば働くほど多く給料がもらえる”というシステムがないのも人々が早く家に帰ろうとする大きな理由だろう。ともかく日本人が“働き蜂”に形容されるのも不思議ではない。

Another interesting feature I found is about “stress”, Yes I’m always fighting against “stress” throughout my job (I mean in mechanical sense), but it seams the guys here are not familiar with “stress” (I mean in spiritual sense) in daily life. Take “Noise” for example, those small noises (typing keyboard, knocking ball-pen and so on) which are no problem for me are really annoying people so you have to pay attention for such small distinction of nature when you live in Europe!! What I want to express here is, assume that stress comes when things don't go one’s way, Japanese are living while being forced to do without much complains while European people have good environment to be able to think, act on one’s way.

これは昨年のフランス滞在の時から思っていた事だが、自分が見つけた他の興味深い違いは“ストレス”について。もちろん自分は仕事を通じて毎日のようにストレスと格闘していますが(機械工学的意味でのストレス=応力)、ここ人々は彼らの生活の中であまりストレスとはなじみがない、否、ストレスをためないような人間関係・社会システムがあるようである(精神的意味でのストレス)。例えば“ノイズ(騒音)”一つを例にとって見ても、自分には何の問題もないノイズも(キーボードをたたく音、ボールペンをノックする音)彼らを凄くイライラさせることがある。だからヨーロッパで生活する時はそんな小さな文化の違い(日本人は非常にストレス体力に強い)にも気を使わなければならないのだ。自分がここで強調したいのは、ストレスは自分の思い通りに行かないときにくるものとして、日本人は人からの目線、世論等に縛られながらも何の文句も言わず強制されて生活しているのに対して、ヨーロッパの人々は独自の考えを持ち、個々を尊重しつつ自分の思うように行動できる良い環境を持っているのだということである。

※歳を取ると人間は自然に穏やかになるという。何でだろうか?おそらく歳を取り、自分が今まで持っていたストレス:エゴや他人への不満を”さまざまな経験”、”多方面からの社会理解”、”深い洞察”と共に理解・克服する日が来るからなのであろう。自分がヨーロッパ人からストレスを感じれない、人々の穏やかさを感じるというのはそれと同じで自分を理解し、他人を理解するMature(熟成した)な社会から来ているのかもしれない。

4. Working at TB-1
I’m working at TB-1, a department in charge of mechanical calculation in ZF. My first impression for the department is “People are working very slowly…”. It is obviously because I had done my training ship in automobile companies while this time I’m doing that in parts supplier. The difference of working style between automobile companies and parts supplier would be understood when I see their agenda. Normally people have two or three meetings in a day in automobile company, my supervisor Martina has only two or three meetings in a week. Also it’s interesting that the guys in Toyota, Renault are always checking some documents eagerly, guys in ZF are making the documents in honest. Additionally you can find some interesting distinctions in presentation slide. “Easy to understand” is the point in automobile company, while Martina is making presentation slides arranging images carefully with guideline function.

自分は今TB-1と呼ばれる機械構造解析を担当する部署で働いている。自分が持ったTB-1への第一印象は“みんなゆっくり働いているな~”ということだった。というのも、これは今まで自分が自動車会社でインターンシップを行ってきたのに対して、今回はパーツサプライヤーでの研修であるということが理由だろう。自動車会社とパーツサプライヤーの働き方の違いを理解する一番簡単な方法は彼らのスケジュールを見ることだろう。通常自動車会社では一日に2、3のミーティングがあるのに対して、自分のスーパバイザマルティナは週に2、3のミーティングしかない。また、自動車会社では社員さんが皆、いつもサプライヤーから送られてくる資料を熱心にチェックしていたのに対して、ここではその資料をみんな真剣に作成しているのは興味深い。また、プレゼン資料の作り方一つを見ても、自動車会社では“簡単に理解できる”事が重要視されるのに対して、マルティナはガイドラインファンクションを用い、丁寧に画像を配置しながらプレゼンを作っているなど、注意してみるといろんな違いが見えてきて非常に面白い。

5. Next step
Anyway my first one and a half months at ZF has passed. As I mentioned before, my working style in the internship are changing little by little. In the past early stage, it was ok that I did only what I was demanded by my supervisor to demonstrate my ability and to get the faith.

いずれにしろ自分のインターンシップも一ヶ月と半分が終わりました。以前自分が述べたように、自分のワーキングスタイルもちょっとずつ変わっています。以前はただ自分のスーパバイザに言われていることをしているのみでした、「自分の能力をアピールするため」、「信頼を勝ち取るため」。

What my purpose/object of this internship is, what brought me to Germany is, to be honest, nothing particular. I have my future-job, I can finish my study with a graduate thesis. But what I have believed is a foresight that this experience brings me some chances in the future. Not necessary, but the esperances over the endeavor.

自分の今回のインターンシップの目的とは?なぜドイツに着たのか?正直言って、特別な理由はありません。自分はもう将来の仕事が見つかっているし、大学もあと論文を一つ書けば終了です。でも自分が信じてきたのは、一つの希望、「この経験が自分へチャンスを与えてくれる」!全く必要にない事、でも努力の先には希望がある。

Started from zero without any credits/links, now my first effort is bearing a fruit. Hopefully my progress is evaluated and my working area is getting expended. My supervisor Martina set a occasion to have a discussion with guys from other department. What I can do now is only trivial things but I’ll keep it hard and hope I could achieve something great in this company.

信頼も知り合いもいない、全くのゼロから始まり今自分の努力が実り始めている。自分の成果が評価され、自分の作業領域も少しずつ広がっている。自分のスーパバイザマルティナが他部門からの社員と仕事について議論する場を設けてくれた。自分が今できることは些細なことだが、そんな些細なことでも一生懸命がんばれば何かが生まれる。”I’ll keep it hard”そして数ヵ月後その成果を見てみようっ!
スポンサーサイト
| ↑TOP |

>> HARIBO と KIKKOMAN

ドイツでよく目にする国民的(?)お菓子「ハリボー(HARIBO)」。大きなスーパーに行けばコーラ味・フルーツ味・真っ黒いやつ・いかにも体に悪そうな赤いやつ、等、売り場一列ハリボーだらけということも。フランスでは全くハリボーを気にしたことがなかったため、このお菓子はやはりドイツの伝統菓子とも言えるのではないでしょうか(1922年創業って言ってるし)?

クマのパッケージが印象的なこの菓子、日本でいうグミで、ハリボーという名前は製菓会社の名前のようです。自分がハリボーに初めてであったのは昨年の11月くらい?ドイツに旅行に行った時友達があろう事か「黒いやつ」を進めてくれたのでした。

IMG_3014.jpg

黒いやつの正体は「リコリスの入った黒いシュネッケン(日本では「タイヤ味」として輸入されている)」らしい。そもそもリコリスって何?って感じだし、日本で「タイヤ味」で売り出してるとか、もはや売る気なし?そんなにおいしいものではありませんでしたとさ。。。

IMG_3011.jpg

そんな経験があったのでハリボーとはそんなお菓子なのだとずっと勘違いしていましたが、先日港でぶらぶらしている時、飲み物を買いに入ったスーパーのレジ横で赤いスカーフを巻いたクマが自分を待っていましたとさ。さて、結果(お味)は。。。普通のグミでした(落ちナシ)。

IMG_3018.jpg

グミを食べながら港を歩いていると、ドッグヤードのような水中に浮いている建物を見つけました。

IMG_3020.jpg

建物に何か看板のようなものが付いていたので読んでみると「Steg」。辞書を引いてみると「Steg=橋」。はい、今日はちょっとシュールな感じですね(またまた落ちナシ)。。。

IMG_3025.jpg

ドイツに向けて出国の際、「これは必要だ!」と思いスーツケースの中に忍ばせた200mlくらいの醤油ボトル。ドイツ生活もかれこれ二ヶ月が終わりそうな時期で、その醤油ボトルも空になってしまいました。でも大丈夫、ドイツのスーパーにはキッコウマンがあるっ!!おそらくドイツ人が日本のスーパーでハリボーを見つけたときも同じ感動を味わうのでしょう。

IMG_3006.jpg

最近ドイツ国内旅行を予定しており、インターネットで目的地(もちろん自動車・レース関連)をいろいろ調べているのですが;

 -確かにドイツは自動車大国である(VW、クライスラー、ポルシェ、etc...)
 -でも間違いなくモータースポーツ大国ではない

ということを痛感してきました。というよりもモータースポーツ大国としてのイギリスの存在感を改めて感じています。また、昨年度面会したF1エンジニアの方から聞いた話;「モータースポーツ界において、イギリスは優れたエンジニア・人材を多く輩出している。ドイツ人、スイス人は彼らに比べると見劣りする」も納得のいくものです。

近年ドイツでいかにFormula Studentが盛況していようと(参加校1/3以上はイギリスから)、モータースポーツ文化・産業(これは歴史というよりもイギリスがモータースポーツ産業を非常に上手くマネージメントしてきた結果)においてイギリスとドイツの間には雲泥の差がある。正直ドイツに行く時「ドイツ=自動車=モータスポーツ」の方程式が自分の頭の中にあった。けど、外から見えるものと内から見えるものは違うようです。モータースポーツをしたいなら・勉強したいなら「間違いなくイギリスへ行け」ということです。

そして先の見えない日本のモータースポーツの将来。近年日本人技術者とモータースポーツの距離がますます大きくなっているように思えます。魅力がないし、働く場所もない。なんとか後世のためにもこの流れを変えてやりたいものですっ(そのためには自動車会社で社長にならんとなっ)!!

と、愚痴ばかりになってしまいましたが、自分も世界中でいろいろなものを見て洞察力・知識を高めるためProfessional MotorSport World Expoなるモータースポーツ産業見本市を見学に行こうと現在計画中です。モータースポーツ(のみ)に関する技術見本市はおそらく世界中でこれとイギリス・バーミンガムで毎年行われるAutosport international showの二つしかないのではないでしょうか?とにかく、欧州のモータースポーツパワーをめいいっぱい吸収してきたいと思います。
| ↑TOP |

>> Small trip to Konstant

さて、毎度おなじみのヤンと「ちょっとお出かけ」旅行。今回はフリードリヒスハーフェンからフェリーを乗り継ぎ、ドイツとスイスの国境、ボーデン湖西岸に位置し、ボーデン湖畔最大の町、コンスタンツ(Konstanz)に行って来ました。

IMG_3026.jpg IMG_3027.jpg IMG_3032.jpg

「結構かっこいいフェリージャンっ!!」とカップル横目に二人で写真を撮ったり、乗船前からハイテンション(左二枚の写真)。乗船時に係員に切符を見せると「違う違う、あっちの船」と。と、いうことでこいつが今回の旅のお供(一番右)。何故かフェリーの名前は「アップル船」。船内ではりんごが販売されていました。

IMG_3046.jpg IMG_3039.jpg IMG_3069.jpg

今回の船の旅、フリードリヒスハーフェンを出発し、いくつかの港を経由しつつコンスタンツに行く計約二時間経路。船は見た目ふるい感じだけど、中に入ってみると「ボロくさい」というよりは「レトロでいい感じ」な雰囲気。船の中はレストランになっており、ディナークルーズも楽しめる。今日は一日中天気がよく、船の外でゆっくりと一面広がるボーデン湖の風景を眺めることができました。

IMG_3076.jpg IMG_3086.jpg IMG_3093.jpg

左から経由地”Immenstaad”、”Hagnau”、”Meersburg”。Meersburgは丘の上にあるお城とワインで有名な観光地。

IMG_3109.jpg IMG_3113.jpg IMG_3116.jpg

船上で人々を楽しませてくれるのはカモメ(?)の軍団。フェーリー後面の気流に乗ってフェリーにピタリと張り付きます。そしてその目的は?「It's feeding time!!」とのごとく皆さんカモメに餌を与えておりました。中には直接手から餌を与える達人も。

IMG_3138.jpg IMG_3126.jpg

途中経由地点”Mainau”でのひとコマ。カモメのBusiness(仕事)は「フェーリを追いかけ、餌をもらうこと」と言わんばかりに船が港で停止するとカモメも一休み。船が動き出すとカモメもそれを追いかけます。

IMG_3129.jpg IMG_3151.jpg IMG_3149.jpg

以前もブログで書いた様にツェッペリンは観光者向けにボーデン湖周辺を運行しております(1クルーズ30分から2時間)。この日は何度ツェッペリンを目撃したことか。。。と思っていると、いよいよコンスタンツに到着!!この時点でヤンも自分もおなかペコペコで、はしゃぎ過ぎてクタクタ。。。

IMG_3158.jpg

とりあえず今回もタイ料理店を見つけてカレーを食す。チップは払いすぎないように!!

IMG_3168.jpg IMG_3159.jpg IMG_3169.jpg

そして町を探索。前回行ったリンダウは戦時中も空襲を逃れた歴史ある町なのに対して、コンスタンツは戦時中完全に廃墟になった町。町を歩いてみるとヨーロッパの風情ある光景は楽しめるが確かに歴史を感じることはない。ヤンと話して出た結論としては、「町は普通の観光地。買い物にはいいけど。。。(二人とも疲れ果てており超ネガティブ思考)」。

IMG_3182.jpg IMG_3179.jpg IMG_3176.jpg

何はともあれ広大なボーデン湖畔の町は港が栄えており、天気の良い日は「空」に「湖」、港で座ってグダグダしたり、カフェ飲んだり、ビール飲んだりしているだけで最高の贅沢なのでありました。

IMG_3195.jpg IMG_3197.jpg IMG_3196.jpg

そうそう。コンスタンツはドイツとスイスの国境の町。ということで、町の中にある駅は少しおかしなことに。一番左の写真はコンスタンツ駅のプラットホーム。写真奥側のフェンスから向こうはスイス側の駅、手前がドイツ側の駅になっています(写真真ん中の地図が示すように)。そして国境の町ということで公用語はドイツ語・フランス語の他に英語・日本語も使われています(インターナショナルっ!!)。

IMG_3208.jpg IMG_3213.jpg

何はともあれ往復4時間の船旅は疲れました。でも最後に見れた夕日に心を癒されるのでありました。
| ↑TOP |

Mondial de l'automobile IMG_2330s.jpg Voyage@St-Malo IMG_2173s.jpg Vacances@Belgique IMG_2002s.jpg Etude@Angleterre IMG_1771s.jpg Etude@Le Mans IMG_1494s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。