FC2ブログ
C'est un site internet du garçon qui vise le Formule 1 ingénieur.
>> はじめに
>> ヴルカヌスに応募しよう
>> 特別便

> フランスインターン年間計画

> 最終レポート(英語・フラ語)
 ・ Front page - 5 page

 ・ 6 page - 10 page

 ・ 11 page - 15 page

 ・ 16 page - 20 page

 ・ 21 page - 25 page

 ・ 26 page - 30 page

 ・ 31 page - 35 page

 ・ 36 page - 37 page

> 月刊レポート(英語・フラ語)
 ・ 結構つらいな5月号 [ ENFR ]

 ・ 成長したかな6月号 [ ENFR ]

 ・ 新たな出発7月号 [ ENFR ]

 ・ フランス企業8月号 [ ENFR ]

 ・ 世界企業で9月号 [ ENFR ]

 ・ 仕事に夢中10月号 [ ENFR ]

 ・ ちょっと幸せ11月号 [ ENFR ]

 ・ 将来不安な12月号 [ ENFR ]

 ・ 将来明るい1月号 [ ENFR ]

 ・ 新たなスタート2月号 [ EN ]

>> 最近のエントリ
>> 月別アーカイブ
>> リンク
>> プロフィール

kent

ブログ管理人: 福原 健人(履歴書

岡山出身の大学院生
岡山&日本と車をこよなく愛する.
<好きな言葉>
世に生を得るは,事を成すにあり!
by 坂本竜馬
<好きな瞬間>
命を燃焼させている時っ!

>> メールフォーム

応援メールお待ちしています.
批判メールは即ゴミ箱行きです♪

名前:
メール:
件名:
本文:

>> スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

>> Et c'est parti!!

flag_01.gif1年間のフランス研修("Vulcanus in Europe" Programme)を終え、日本に帰国したのがこの3月末。4月からは大学の研究室に復帰して研究三昧の日々をすごしておりました。そしてこの7月から独ZF Friedrichshafenにおいて再度欧州企業研修へ参加します!!

期間は7月から12月までの5ヶ月間。南ドイツ、スイス・オーストリアとの国境の地、広大なボーデン湖を臨むFriedrichshafen(「フリードリヒスハーフェン」と読む)という町にある会社で研修を行います。ZFという会社は自動車用トランスミッションを主に製造している世界的サプライヤーで、技術立国ドイツを代表とする優良企業です。大学で歯車を研究している私自身数年前からZFに興味を持っており、2008年に参加した"Vulcanus in Europe" Programme研修企業選定時にもそこでの研修を希望していました(結局夢かなわず。。。)。

企業研修の機会を得るきっかけとなったのは、昨年度ヨーロッパで研修をしていた時に知り合った学生さんからの縁。その方はVulcanusとは関係なくZFで研修を受けており、自分もその方と同じように研修に参加できるか企業に問い合わせたところ、ZFジャパン様をはじめ、関係者方のご好意によりこの度ドイツでのインターンシップ参加の機会を与えていただくこととなりました。

私自身昨年の年末からもう少し欧州で経験を積みたいという思いから、09年に向けて企業研修先を探していました。08年度ルノーでの研修中、仕事に一人暮らし、住み慣れない国と、多々苦労はありましたが、同時に、「やりがいのある仕事」・「新たな発見」、そして「異国での友達」に囲まれ、今までにない充実感を感じた一年間でもありました。ルノーやその他欧州企業での企業研修の可能性を探した結果、この度このようなすばらしいチャンスを得ることができました。

09年度欧州企業研修に参加するにあたり、さまざまな課題があったことも事実です。

  1) 機械工学分野における最先端技術を研修できる体制
  2) 研修にあたり、ある程度企業からの給与&サポートを必要とする
  3) 企業研修・卒業研究を同時進行でできる体制(もう大学は休学したくない)
  4) 就職先をまず決めないと企業研修には参加できない
  5) すばらしい研修地。。。

1)および2)については私の研修目的および財政状態に関連する重要な項です。助けとなったのは、昨年度参加したVulcanusプログラムで他企業での研修に参加した学生からのアドバイスです。時に企業へ研修枠が開いているか聞いてもらうこともありましたし、その輪からさらに人づてで機会を伺っていくこともありました(その際は皆様誠にお世話になりました)。

3)については私自身一番ネックになっていた部分です。欧州でのインターンシップは所属する大学と企業、学生間での契約がMUSTになります。当初は不可能かと思っていましたが、他学生の前例から学び、教授に理解頂き、機会を与えていただくこととなりました(その代わり向こう行っても研究やります!!)。4)については日ごろの行いがよかったのか?すぐに決まりました。

以上のような経緯を経てこの度ZFでの企業研修に臨むこととなりましたが、私自身研修を前に非常に胸を躍らせています(ドイツ語わかりませんが)!!一年前フランス研修を前に自分が抱いていたものとはまた違う興奮でしょうか?おそらく一年前の方が「やる気」、「熱意」に満ちていたのかもしれません。今は結構余裕ありますし、自信もあります。昨年度企業研修が始まる前、自分の上司に「あまり自分に期待しないでくれ」とメールを書いたことを思い出します。今回は「一生懸命やるから”期待してくれ”!!」と。これが昨年度一年間で成長したところなのではないでしょうか?

最後に、この数ヶ月間本ブログを閉鎖していましたが、この度再開することとしました。自分気分屋な性格なためどこまでコンスタントに書くことができるかわかりませんが、欧州での研修模様および生活を雰囲気伝えられればと思います。同時に今年のVulcanusプログラムに応募しようと思っている方々にも過去のログ(フランス編)が参考になればと思っています。

2009年7月11日 福原 健人
スポンサーサイト
| ↑TOP |

>> Three months later...

It was "Gyudon", Japanese food I had at first when I got back to Japan in this April. Three months later, I’m missing the “genius” food again...

この四月に日本に帰国した時、真っ先に食べた日本食は牛丼だった。三ヵ月後、自分はまたそのすばらしい料理を失おうとしている。。。

During my short stay of three months in Japan, what I had done and what I remember are, first of all, studying in my lab, job haunting, French class, Softball and so on.

日本での三ヶ月という短い滞在中自分が行ったこと、今思い出すことは、まず研究室での研究活動、就職活動、フランス語の授業、そしてソフトボールかな?

From the moment I got back to my lab, what I had focused on was my graduate study. As I have to do both my study and internship at the same time this year, those three months were quite important / tough time to prepare for my master thesis. At the same time, it was indeed nice and interesting that I could adapte my knowledge / technique which I had learned in Europe to my study in Japan.

自分が研究室に戻ったその瞬間から自分が取り掛かったことは自分の修士論文作成。今年自分は学校での研究活動、インターンシップを同時進行で行わなければならないので、この三ヶ月は本当に重要な・タフな三ヶ月だった。同時に、非常に興味深かったのは、自分がヨーロッパで学んできた知識・身につけた技術を日本での研究に適用できたことだろう。

On the other hand, it was also nice to meet new comrades in my University. While I occupied my study, I took part in a French class, where, we chatted about daily issues in French. It was also important for me to "enhance" / "not to forget" French as I have several friends in French!! Last but not least, I have to mansion about my lab members. Nice guys. We played Softball every week caring about our professor’s eyes...

一方、大学に戻って新たな仲間に出会うことができたことも良いニュースだ。研究の合間には日常のトピックスについておしゃべりするフランス語の授業を受けた。フランスにはいくらかの友達がいるので自分にとってフランス語をもっと向上させること、忘れないことは同じく重要なんだ。最後に忘れてはいけないのが研究室のメンバー。Nice guys!!毎週先生からの目を気にしながらソフトボールやってたっけ。

It was very condensed three months; I had done a lot of things in this short term thanks to my family’s solid support!! I'm grateful for them and I’m missing...Ansyway, I'm feeling that sometings exciting are in front of me!!

本当に濃密な三ヶ月間、就職活動に研修準備(契約書・出国準備)、研究活動、フランス語、etc...いろんなことをやってきた。そんなタイトなスケジュールをこなせたのは家族からのサポートがあってこそであり、本当に感謝の意をここで述べたい。とにかく、今何か自分の前にすげーことが待っているってことをひしひしと感じてるんだって!!
| ↑TOP |

>> それでは行ってきます!!

現在7月15日朝6時半。

それではこれから出国です。出国に際し、多くの方から暖かい応援の声をかけていただきました。期待に沿えるよう、日々精進していきたいと思います!!

ドイツ・フリードリヒスハーフェンまでは、関空~北京~フランクフルト(15日)、フランクフルト~フリードリヒスハーフェン(16日)という行程です。個人的には初上陸の中国が楽しみ(約2時間のトランジット)!

それでは行ってきます~!
| ↑TOP |

Mondial de l'automobile IMG_2330s.jpg Voyage@St-Malo IMG_2173s.jpg Vacances@Belgique IMG_2002s.jpg Etude@Angleterre IMG_1771s.jpg Etude@Le Mans IMG_1494s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。