FC2ブログ
C'est un site internet du garçon qui vise le Formule 1 ingénieur.
>> はじめに
>> ヴルカヌスに応募しよう
>> 特別便

> フランスインターン年間計画

> 最終レポート(英語・フラ語)
 ・ Front page - 5 page

 ・ 6 page - 10 page

 ・ 11 page - 15 page

 ・ 16 page - 20 page

 ・ 21 page - 25 page

 ・ 26 page - 30 page

 ・ 31 page - 35 page

 ・ 36 page - 37 page

> 月刊レポート(英語・フラ語)
 ・ 結構つらいな5月号 [ ENFR ]

 ・ 成長したかな6月号 [ ENFR ]

 ・ 新たな出発7月号 [ ENFR ]

 ・ フランス企業8月号 [ ENFR ]

 ・ 世界企業で9月号 [ ENFR ]

 ・ 仕事に夢中10月号 [ ENFR ]

 ・ ちょっと幸せ11月号 [ ENFR ]

 ・ 将来不安な12月号 [ ENFR ]

 ・ 将来明るい1月号 [ ENFR ]

 ・ 新たなスタート2月号 [ EN ]

>> 最近のエントリ
>> 月別アーカイブ
>> リンク
>> プロフィール

kent

ブログ管理人: 福原 健人(履歴書

岡山出身の大学院生
岡山&日本と車をこよなく愛する.
<好きな言葉>
世に生を得るは,事を成すにあり!
by 坂本竜馬
<好きな瞬間>
命を燃焼させている時っ!

>> メールフォーム

応援メールお待ちしています.
批判メールは即ゴミ箱行きです♪

名前:
メール:
件名:
本文:

>> スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

>> 申し訳ありません...

誠に申し訳ありません...

長い間ブログを更新していませんでした.ブログの方向性の問題で悩んでおり,当初はより多くの方々に海外インターンを紹介するようなブログを考えていましたが,「そんな他人の心配する時間がない」ということに気付きました.よって,以後は細々とインターン中に自分が感じたこと,遊んだことを書いてく予定です!

更新してない間にもいろいろなことがありました.

ヴルカヌスOBの方々とお会いできたり,トヨタのインターン同窓会に参加したり(みんな元気そうで何より!)していました.インターンの同窓会で名古屋に行った際にはインターンでお世話になったGMさんとも再会することができました!GMさんは自分にとっては自動車の真の楽しさや魅力を教えてくれた人であり,「自分もあんな大人になりたいな」,と憧れる人でした.今回のフランス行きをとても喜んでくれていました!でも「あまりTOYOTAのことを喋るなよっ!」と,念を押されました;;

そうそう,先日トヨタインターンでお世話になった上司の方(GMさんとは違う方)からも電話をいただきました.この方はフランスでの留学,勤務経験がある方で,私はこの人の影響を受けてヨーロッパ行きを決めました.話の中で,なんと,TMG(Toyota Motorsports Germany)で働いている人を紹介していいただけることになりました!実は,私も何度か話したことがある方で,来年TMGに行くということを聞いていたのですが,まさかこんな繋がりがあるとは思っていませんでした!ぜひ連絡を取ってTMGに行ってみたいと思っています!夢が広がりますっ!

さて,友達の輪は広がりに広がって,最近ではイギリスに住んでいるおばさんともよく連絡をとらせてもらっています.おばさんはOxfordに住んでおり,連絡を取り合って,語学研修と企業研修の間の約二週間のバカンスをイギリスで過ごせないか交渉してみようと思っています!きっと素晴らしいバカンスになるでしょう!

あぁ,フランス語勉強しなきゃ!!英語も...
スポンサーサイト
| ↑TOP |

>> 勉強中!

2008031902.jpg

 今後の予定(東京~ブリュッセル~アンボワーズ)

< 3月31日 >
始発電車で岡山出発.朝から東京のセンターで壮行会&VinE07の最終報告会.晩は懇親会があり,その日は成田駅周辺ホテルで宿泊.

< 4月1日 >
成田発‐コペンハーゲン経由‐ブリュッセル行きのSASで1日の晩ブリュッセル到着.欧州セミナーは3日からだが,前々日入りして観光予定.1日は欧州センター近くのホテルで宿泊.

< 4月2日 >
観光予定.その日はセンターが予約してくれているホテルで宿泊.

< 4月3日,4日 >
欧州セミナー.宿泊はセンターが予約してくれているホテル.

< 4月5日 >
アンボワーズ(フランス)へ移動.交通手段はセンターが手配してくれているらしいが,現在のところ詳細は不明.おそらく電車?TGV!?

はじめての海外移動なので,すべて経験だと考え,人に頼らず目的地まで行ってみようと思います.はたしてブリュッセルで観光する余裕(心の)はあるのか!?
| ↑TOP |

>> おばあちゃん家で

2008032001.jpg

今日は祝日だったので,おばあちゃん家に直してもらっていた着物を受け取りに行きました.

 「着物」,ヨーロッパに持ってくつもりです!

最近「新渡戸稲造(武士道)」や「国家の品格」を読んだ影響もありますが,私は自分が日本人だということに誇りを持っていますし,着物を含めた「日本の文化」や「歴史」をヨーロッパの人々にも伝えていきたいという気持ちは持っています.

私がヨーロッパに行く目的として,「現地の社会に入り込み,現地の人々に自分を認めてもらえるような国際人に成長したい」という気持ちを持っています.しかしそれは現地の文化に自分のすべてを身売りするというわけではありません.自分は「日本人」という現地ではまれな「バックグランド」・「思考」を持った人間としてプロジェクトに参加し,新たな可能性や価値観を模索する役目があります.メーカーで行われている「デザインレビュー」とは,商品の開発段階で各部門の専門家が集まり,あらゆる視点から商品の不具合点,改善点を見出すプロセスです.自分は日本人という生まれ持った才能・専門知識を武器に国際舞台に挑戦し,自分を光らせ,世界中の人々と共に新たな価値観を創造していきたいと思っています.

その過程で大切なことは「自分のバックグランド(文化・歴史・思考・善悪判断・etc.)を相手に理解してもらう事」だと考えています.現地に行くと自分は完全な「アウトサイダー」.相手は私が誰だかわかってないし,分かろうとも思ってくれないでしょう(自分が相手の立場ならそう考えます).まず自分の自己紹介(生い立ちや専門性)は最低限おこなう必要があり,日本人の考え方や仕事に対するプロセスを説明する必要もあります.その中で,なぜその様な思考や作業プロセスを行うのか,は,日本の歴史や文化,地理的問題にかかわって説明する必要があり,真の国際人とはそのプロセスをきちんとできる人であると考えます.「自分たち(日本人)はこのように考えるんだ」と主張しても,相手の「なぜ?」に答えることができなければ,そのような意見は全く無視されるでしょう.

話はそれましたが,せっかくヨーロッパに着物を持って行くので,着物を着てパリの街を歩くくらいのことはやってみたいと思います(完全に変態...).ちなみにこの着物,おばあちゃんのお父さんが着ていたもので,なんと100歳以上!!明治時代に生まれたこの着物は,百年の時を超えてパリの街を歩くとは考えていなかったでしょう!

おばあちゃん,写真を楽しみにしててください!!
| ↑TOP |

Mondial de l'automobile IMG_2330s.jpg Voyage@St-Malo IMG_2173s.jpg Vacances@Belgique IMG_2002s.jpg Etude@Angleterre IMG_1771s.jpg Etude@Le Mans IMG_1494s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。